読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽井沢の結婚式場の選び方。自分に合った結婚式場で挙式をしよう。

軽井沢の結婚式場の評価をまとめました。 なるべく客観的に評価するよう心がけてます。 辛口な批評もありますが、お気を悪くせず、 挙式時の留意点とお考えください。 完璧な式場はありません。 それぞれの式場の良いところ悪いところを踏まえて、自分に合った式場を選びましょう。 軽井沢で挙式する際に役立つプチ情報も書いています。

軽井沢で1番人気の結婚式場・石の教会内村鑑三記念堂の感想

f:id:mikisatochang:20160825212003j:plain

軽井沢で人気の結婚式場と言えば、「石の教会内村鑑三記念堂」。

軽井沢でリゾート婚と決めた私たちも、結婚式場を探してネットで調べてみて気になった場所 の1つです。

 

その紹介文によると、明治~大正期の熱心なクリスチャンだった内村鑑三氏の「無教会思想」つまり「教会なんかじゃなくても祈りたい人が自由に 来て祈ったらいいんだよ(意訳)」っていう考えを元に造られた「教会」なんだそう。

(だったら「教会」って呼ぶべきではないような・・・)

 

その思想を元に 1988年に著名なアメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグが手がけられた意外に新しい建築物なんですね。

 

ケンドリッグ・ケロッグは地形を活かし自然と調 和した建築を得意とするオーガニック建築家なので、

内村鑑三氏の「自然と融合した祈りの場所」という概念と相通じる所があったんですね。

どの口コミを見て もその外観・内装ともに大絶賛。

 

利用していない時には内側まで見学できるとのことだったので、

旦那と2人で下調べツアーの1つに取り入れました!


石の教会は、地上が礼拝堂、地下が内村鑑三記念堂になっていて、

両者へ続く入り口から通り道までも石が敷き詰められ積み上げられていて独特な雰囲気。

f:id:mikisatochang:20160825212042j:plain

たどり着いた石の教会を正面から眺めてみるとアーチ状の石版がドミノのように並んでもたれかかっているように見えます。

 

確かにこれは、「教会」と言われなければそうとは見えないデザイン。

 

紹介文によると内村鑑三の思想を組んで教会内部には祭壇も十字架もないそうなんですが、それでも最奥部のアーチ状の ガラス窓と、そこから降り注ぐ太陽の光は神秘的でやっぱり「祈りの場所」に相応しい雰囲気になっています。

 

勿論内装も全て基本は石積み。

 

自然と一体化しな がらも確かにアーティストによって手がけられたという人工的な美しさが調和していて、確かにこれは評判通りの建築物です。

この石の教会そのものに魅了され「この中で結婚式を挙げたい!」と思う人は、もう見学だけで十分でしょう。

 

確かにそれだけの魅力があります。

 

挙式だけなら 40万円弱のお値段で思ったほど高額でもありませんしね。

ただ、教会内での写真やビデオ撮影は一切禁止でどうしても欲しければ別途申し込みになってこれに 結構費用がかかってしまうのが欠点。

 

そして、ゲストの人数は30人までしか入れないそうです。

私たちの呼ぶ予定のゲストの人数はもっと多かったので、断念しました。